観葉植物が枯れる3つの理由と対処法【自宅園芸】バルコニーガーデニング

観葉植物が枯れる理由 観葉植物

知っていれば枯らさない!
観葉植物が枯れる理由

こんにちはペトペンチアです。
今回は植物が枯れる3つの原因とその対処法をご紹介したいと思います。
動画も投稿しているのでご参考になると思います。

スポンサーリンク

自己紹介

ペトペンチア
ペトペンチア

記事を書いている私は【妻と二人の自宅園芸】というYoutubeチャンネルを2021年8月に開設し、エアプランツやビカクシダ、熱帯植物の育て方などをご紹介させて頂いております。
2023年9月に皆様のおかげで登録者数1万7千人を超えるチャンネルへと成長し、エアプランツやビカクシダ、熱帯植物の育て方などをご紹介させて頂いております。
他にもNFTアートクリエイターとして、執筆家としてオンラインの園芸店として、ビカクシダの板付けのワークショップなどの活動しておりますので、皆様と植物を通してご縁があれば嬉しいです。
【全ての活動のリンク】https://lit.link/petopentia
【執筆している本】


自然から離れるリスク

私が愛読しているネイチャーフィックス自然が最高の脳を作るでも言われていますが、


人類は自然欠乏症というものに陥っていて、自然から離れて暮らしていることで

  • 攻撃性
  • 血圧
  • ストレスホルモン、コルチゾール

などが上昇するという事態に陥てしまっています。

そんな自然欠乏症から回復させるものは観葉植物ですが、枯らしてしまうと自分には向いてないんだなと諦めてしまいますよね。
でも枯れてしまう原因と対処法を知っていれば、枯らさずに健康な株にすることができる可能性が大きく向上します。

観葉植物が枯れてしまう原因は様々です。
またもともと株が弱いために枯れるという稀なケースもありますが、殆どの植物に該当するこれだけおさえておけば大丈夫という、3つのれる原因と対処法をご紹介いたします。

枯れる原因1

湿度

植物の自生地によって湿気に弱い植物と乾燥に弱い植物が存在します。
観葉植物が枯れる理由
例えばシダ植物であれば湿気を好み乾燥を嫌う傾向があるので、エアコンの風が当たっていて枯れてしまうことがあります。
ちなみにコウモリランもランではなくシダの仲間なので乾燥にご注意ください。
観葉植物が枯れる理由
コウモリランまたの名をビカクシダこちらの詳しい育て方は失敗しないビカクシダの育て方【コウモリラン板付けと鉢植え管理】自宅園芸をご覧ください。
この記事では自生地や枯らさない育て方、初心者にお勧めの品種も紹介しています。

観葉植物が枯れる理由
反対にサンセベリアなどは原産地は

  • 南アフリカ
  • マダガスカル
  • 南アジア
  • アラビア

サンセベリア自生地

の乾燥地に広く自生しているため、乾燥に強く湿気に弱い性質があります。

対処法

湿気に強く乾燥に弱い植物の場合は

  • 霧吹きなどで葉水をする
  • 加湿器を使用する
  • 保水性の高い用土を使用する
  • 水やりの回数を増やす

などの工夫をすると枯らさないように管理することができます。

乾燥に強く湿気に弱い植物の場合は

  • 葉水をしない、もしくは回数を減らす
  • 水やりを鉢の中が完全に乾いてから行う、もしくは回数を減らす
  • 使用する用土を排水の良いものにする
  • 使用する鉢をコンクリート、木製、素焼き鉢にして通気性を良くする

などが良い方法です。

枯れる原因2

適正温度

植物によって暑さに弱い植物、寒さに弱い植物というのがあります。
寒さに弱い植物を寒い場所で管理して枯らしてしまったり、反対に暑さに弱い植物を暑い場所で管理して枯らしてしまうということは非常に多いです。
さらに言うと風が吹いていると体感温度がかなり下がってしまいます。
寒さに弱い植物が寒い時期に風に当たることで傷んでしまうことがあります。

対処法

その植物の適正温度を調べて管理する際の温度に注意する
例えば観葉植物の中でも流通量の多いポトスの栽培に適している気温は、8~20℃程度です。
観葉植物が枯れる理由
熱帯雨林の林床に自生している植物という事もあって寒さに弱いです。
室内でも冬、窓辺に置いておくと冷気で傷むことがありますので、室内の窓から少しでも離れた位置に置くようにしましょう。

ちなみに有害物質を除去する初心者にオススメの観葉植物3選【空気清浄機不要の自宅園芸】でもポトスを紹介していますので、詳しい育て方を知りたい方はご覧いただければと思います。

観葉植物が枯れる理由
寒さに強い植物は例えばシュガーバインなどがあります。
適正温度は25℃前後になりますが、0℃以上あれば越冬できるそうです。
暑さには弱いので涼しい場所で管理し、根腐れしないように排水の良い土にしてあげるのがお勧めです。
自分で配合する場合は赤玉土5:腐葉土4:ピートモス1の割合がお勧めです。
こだわりが無ければプロトリーフの粒状かるーい培養土が水捌けが良いのでお勧めです。

 

枯れる原因3

水やり

水やりは多すぎても少なすぎても植物を枯らしてしまいます。
水やりが少なすぎて枯らしてしまうことを水切れと言い、水やりが多すぎて枯らしてしまうことを根腐れと言います。
適度な水やりは植物の

  • 特性によって
  • 環境によって
  • 用土によって
  • 鉢によっ
  • 季節によって

変わってきます。

対処法

基本的には成長期には表土が乾いたらたっぷりと水を与える
休眠期があれば断水か少量の水を2週間から3週間に一度与える
育てている植物の成長期、休眠期を調べておくと枯らす確率をかなり抑えることができます。

肥料不足・肥料過多

植物をより健康な株にするために肥料を与えると良いです。
肥料が無いからと言って枯れてしまうことはありませんが、与えればそれだけ良く成長してくれます。
ただし肥料を与えすぎると肥料焼けを起こすこともあります。
ハイポネックスという液体肥料を成長期の、最低気温15℃以上・25℃以下の時に1000倍から2000倍に薄めて与えるのがお勧めです。
キャップの仕切りの中が2mlになっているので1000倍なら2リットルの水で薄めて、
液体肥料ハイポネックス
2000倍なら4リットルの水で薄めれば良いので簡単です。


もしくはマグァンプDという殺虫効果のある固形の肥料を与えるのも良い方法です。
1ヶ月で効果がなくなるので成長期に散布するのがお勧めです。
こちらも成長期の最低気温15℃以上・25℃以下の時に与えましょう。
付属のスプーン1杯が1株分になっているので株からなるべく離れた土の上に撒きましょう。


今紹介した方法でしたら肥料が多すぎて焼けてしまうことは殆どありません。

害虫

実は害虫によって枯れてしまうということは少ないです。
ただしそこから病気になったり食害にあって状態が悪くなって枯れてしまうという事は、多いケースではありませんが、起こりえます。

実は害虫退治に役立つのが先ほど紹介したマグァンプDなんです。


マグァンプDにはジノテフランという殺虫成分がありアブラムシ、ワタアブラムシ、コナジラミ、
アザミウマなどに効果があると記載されていますが、個人的に調べてみると他にもシロアリ、ノミ、ダニ、ハエ、蚊、ゴキブリ、キクイムシ、ウンカ、カメムシ、ハモグリバエ、カイガラムシにも効果があるそうです。

かなり万能な成分がマグァンプDに含まれるジノテフランになります。
私は使用したことがないのですが、ハイポネックス原液 殺虫剤入りというものがあり


こちらは先ほど紹介した液体肥料のハイポネックスに、ジノテフランが配合されたものになります。

私自身まだ使用したことはありませんがジノテフランが配合されているので
効果は期待できると思います。

実際にマグァンプDを使用し始めたのは今年からになるのですが、
去年とコバエの量が格段に違います。

たまにコバエが飛んでいますが、殆ど見なくなりました。
去年は確実にどこかで卵を産み付けられているなという感じだったので大違いです。

生ごみの処理や受け皿に水がたまらないように工夫すればコバエ発生を限りなく0に近づけることが
できると思います。

スポンサーリンク

ラクマ、メルカリ、自身のオンラインショップにてコウモリランの板付け・エアープランツの流木着生・塊根植物・ドライフラワーリース・スワッグなど、植物やハンドメイドの商品をペトペンチアという名前で多数出品しているので、もしご興味があればこちらのURLからショップまでお越しください。

ペトペンチア's shop | フリマアプリ ラクマ
ペトペンチアのショップページです。145点の商品があります。YouTubeにてハンドメイド商品の作り方植物の増やし方、管理の仕方を紹介しています。チャンネルを登録していただくと私から商品をご購入いただく際にエアープランツ1つプレゼントしています。【妻と二人の自宅園芸店】でご検索ください。またそちらからブログのリンクが御...

またYouTubeのチャンネル登録をして頂くエアープランツを1つプレゼントしています。

妻と二人の自宅園芸店
チャンネルメンバーシップ 月額490円のメンバーシップに参加して私ペトペンチアと皆様、また皆様同士が植物を通してお友達になれるような行事を、一緒に企画していきましょう(^^♪ 植物が好きで、妻と二人で副業としてラクマでエアープランツ、塊根植物、コウモリランなどの植物を出品しています。 売れても、売れないで手元にあっ...

動画でも植物の挿木、株分けの仕方、
鉢の作り方などのグリーンライフに役立つ情報を発信しています。
園芸の楽しさを私と妻、ご覧の皆様と共有できれば幸いに思います。
今回もご観覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました